えんそうブログ 無理しない日記

えんそう(ensou)です。イラストを描くことと、子どもと遊ぶのが好きです。日本のことがらに興味があって勉強中です。たまに茶道をしています。

トイレトレーニングの夏 子どもたちもお母さんたちも無理しないでやりましょう

娘は2歳10ヶ月の時に

 

一緒に遊べるお友達が夏休みで分散してしまう時を見計らって

 

トイレトレーニングをすることにしました。

 

事前に用意していたものはこちら

 

・  オマル

・  トイレトレーニングの絵本

・  パンツ

 

オマルはリサイクルショップで購入しました。

 

絵本はこちらをえらびました。

f:id:goensou:20190910151325j:plain

 「みみちゃんといっしょ! できた できた トイレ」

 さく・とう ゆず  キャラクター・いりやま さとし

 

うさぎが可愛いのと女の子心をくすぐる内容です。

 

パンツは普通のものにしました。

 

トレーニング用パンツも以前買ってはいたのですが、

 

案外じゃじゃ漏れしてしまうのと洗濯後の乾きが遅いので

 

今回は使用しませんでした。

 

そして洗濯物が増えるのでソファーや椅子の布カバーは全部取り除いておいたのと

 

防水シーツは子供の寝相によっては的を外すリスクがあるため

 

使用しませんでした。

 

もちろん何回もお布団を濡らしてしまいましたが

 

トレーニング用のお布団として割り切ってみました。

 

f:id:goensou:20190810230459p:plain


 

3歳前後のトレーニングは遅い方ですかね(^_^;)

 

1歳半の頃1度チャンスがあったのですが田舎に長期で帰省してしまい

 

時期を逃してしまったのですよね。

 

無理強いもできないのでその時はそっと諦めました。

 

また、保育園には入れなかったし兄弟もいないので

 

同じ年頃の子のトイレの様子が見られなかったのも

 

トレーニングが進まなかった要因かなと思います。

 

本人が頑張る動機がなかったのですよね。

 

 

そしてもっと大切なこと。

 

トイレトレーニングは娘の頑張り時でもあるけれど

 

お漏らしした下着のお洗濯やお掃除が必要になるし

 

付き合うのに根気も必要だと予測されるので

 

お母さん側の心と体が元気な時を選ぶ必要もあると思います。

 

⬆︎  これが1番大きいかも・・・。

 

それらの条件が揃ったのがわが家の場合2歳10ヶ月の頃だったという訳です。

 

 

トレーニングのタイミングと流れ

 

おしっこが出た時に娘が「あっ出た」と言う仕草が見られるようになったので

 

タイミング的には今しかないと言う感じでした。

 

その日私は時間もあったし心身ともに元気だったので

 

えいやっと近くのお店に娘を連れてパンツを買いに行きました。

 

どどーんと6枚買ってきて、とにかく今日からやるしかないと気合いを入れました。

 

f:id:goensou:20190810224108p:plain

 

まずは昼間だけのスタート。

 

娘はすんなりパンツを履いてくれました。ヨカッタ。

 

事前に絵本を読み聞かせしていたからそれが良かったのかな。

 

最初は毎回お漏らし。

 

そのうちおしっこが出るタイミングが自覚できてきた娘は

 

オマルに座れるようになっていきました。

 

f:id:goensou:20190810224020p:plain

 

オマルの置き場所は最初は部屋の片隅で、

 

そのうちお風呂の脱衣所へ、

 

最後はトイレ前に移動していきました。

 

毎回オマルへ座れるようになるまでかかった期間は1週間でした。

 

その後トイレでできるようになって、

 

夜はパンツで寝られるようになったのですが、

 

最初の1週間ほどは大変ではなかったように思います。

 

もうすぐ3歳と言う年齢だったことも関係しているのかな。

 

 

今年の夏、娘は田舎の祖父母の家にある和式トイレを使う練習をしています。

 

 和式のトイレ、娘は結構気に入ってるみたいです。

 

 

f:id:goensou:20190810224143p:plain

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村